JKT-BDW型の特長


本体、リップ全面研磨加工仕上げ

(1) 真直度0.01以内の精度
(2) マニホールド内、特殊硬質クロームメッキの鏡面仕上(0.2s仕上)の為、樹脂の滞留がありません。
(3) リップ面もメッキ後研磨加工し、面粗度0.2s以上

リップクリアランス精度並びに厚薄精度

(1) 特殊測定器を使用し、リップクリアランス0.83mm±0.0025以内
(2) 厚薄精度±3%〜±5%
(3) リップ調整不要。微調整はヒーターコントロールでOK

耳ナシ

(1) LDPEは、耳ナシ可能。
(2) LDPE以外(PP等)でも従来のエッジビードの1/3以下に減少。

パージが簡単

樹脂抜きプラグが装備されており、幅替えパージが早い。

シンプルな構造

操作性抜群で耐久性があります。

H型

本体・リップ共に耐酸性特殊鋼材を使用し、酸性樹脂(EVA、サーリン等)による腐食がありません。